カーボンフットプリント

carbon footprint

持続可能な社会を

2050年までに温室効果ガス(GHG)の排出を全体としてゼロにする、いわゆるカーボンニュートラル(ネットゼロ)を目指す宣言に基づき、日本政府は2030年までにGHGの排出量を47%削減する目標を掲げました。これに伴い、すべての企業は自社の排出量を削減することが求められるようになると考えられます。GHGの削減には、自社の排出量を計算し把握すること(カーボンフットプリント)が必要です。環境省は国際基準に基づいた3つのスコープ分けと15のカテゴリーごとの計算方法を提供しており、assimeeはScope1、Scope2、およびScope3の一部の計算に対応しています。これまで計算そのものに専門的な知識が必要でしたが、assimeeを使用することで誰でも簡単に排出量を計算できるようになります。また、工場の生産ラインの各プロセスごとの排出量を個別に計算し、見える化できます。どのプロセスが最も排出量が多く、削減の可能性があるのかが一目瞭然となるため、排出量の削減計画の立案に役立ちます。